葬儀と法要の主な流れ

臨終から法要までの大まかな流れが把握できるよう、
一般的な仏式を例としてご紹介します。

危篤
  • 近親者などへ連絡
  • 遺言があれば立会人のもとで記録
臨終
  • 死亡連絡
  • 死亡診断書を受け取る
  • 打ち合わせ
遺体の安置
  • 遺体の処置
  • 遺体の安置
  • 枕飾り
    【枕飾りとは】遺体を安置する際、故人の枕元に備える飾りです
  • 枕経
葬儀の準備
  • 葬儀の形式・規模
  • 日程の決定
  • 喪主・世話役の決定
  • お手次寺(おてつぎでら)・菩提寺(ぼだいじ)への依頼
    【お手次寺・菩提寺への連絡は】
    先祖代々のお手次寺・菩提寺がある場合は、速やかに連絡することを忘れずに。
納棺
  • 身支度(お化粧・装束)
  • 納棺
通夜
  • 焼香
  • 喪主あいさつ
    ※仏式による通夜や葬儀では、僧侶による読経が行われ、抹香による焼香が行われます
  • 通夜の食事
葬儀・告別式
  • 焼香
  • あいさつ
  • 最後の対面
ご出棺・火葬
  • ご出棺前に御礼あいさつ
  • ご出棺(火葬場まで同行)
  • 火葬
  • 近親者による収骨
初七日・中陰(ちゅういん)法要
  • お斎(おとき)の準備
    ※お斎は法要後の食事です
  • 「繰り上げ初七日」 収骨後に「初七日」の法要を営むことがあります
四十九日法要まで
  • お葬儀でお世話になった方々に御礼挨拶
  • 寺院と法要・納骨等の打ち合わせ
  • 位牌・仏壇・仏具の準備と手配
  • 墓地・墓石の準備と手配
  • 忌明挨拶状・引出物の手配
四十九日(納骨)法要
  • 49日目に行うことが多い
    ※お墓がある場合には、この日の納骨をするケースが多い









TOP