家族葬

家族の絆を大切に。ゆっくりあたたかなお見送りを。

家族葬とは近親者だけでゆっくりと、お別れしていただく葬儀です。
故人をよく知る家族だからこそ、心から送ってあげることが出来るのではないでしょうか。
形式にこだわらず、自由な形で、人に気を使わず、これまでの感謝をこめて、家族だけで温かく送ってあげてください。

家族葬の特徴

風習 形式にとらわれず、自由な形で送ることが出来ます。
惜別 近親者だけでゆっくりと心を込めてお別れ出来ます。
費用 返礼品や飲食などの接待費用を抑えることが出来ます。
祭壇 特に決まった形はありません。

家族葬の意外な落とし穴に注意しましょう

理由(1)「故人の遺志を尊重して」

「家族だけで葬儀を…」と故人の遺志を受けていたとしても、残された側からすると親戚に声をかけない訳にはいかないものです。たとえ家族だけで済ませたとしても、亡くなった事実を伝える必要性があり、親しい方から「なぜ呼んでくれなかったのか!」「もっと早く知らせてほしかった…」などと、やり場のない想いをあびせられることがあります。
さらに「せめてお線香だけでも…」と、相手が訃報を知ったタイミングで連絡が入り、その都度、対応に追われることになります。
場合によってはご遺族の葬儀終了後の負担が大きいため、予め知らせたほうがよかったと後悔しないよう、家族葬を行う際には慎重に判断するようにしましょう。

理由(2)「葬儀費用を抑えるために」

祭壇、棺、宗教者の費用に料理などのおもてなし…家族葬でも一般葬同様、必要なものがあります。家族葬では一般葬に比べて香典収入はほとんど見込めません。葬儀費用を抑えるはずが、逆の結果になることも現実に起こり得ます。


TOP